食品

コラーゲンが合成されるしくみ

私たち人間が、細胞一つ一つから成り立っているように、あらゆる物質全て、小さなものが集まって大きなものを作り上げています。
私たちが普段口にする食事ですら、そういった小さな努力の結晶なのです。
体に良いとされているコラーゲンという成分がありますが、コラーゲンを体内で生成するためには、それこそ小さなアミノ酸一つ一つの絡み合いが関係しているのです。

まず、コラーゲンとは、私たちの体―骨、歯、靭帯、皮などを生成している繊維状のタンパク質です。
体の30パーセントのタンパク質を、このコラーゲンが占めています。
コラーゲンは主に、骨や腱などの弾力性を上げ、外からの衝撃等から守る働きがあります。
他には肌の保湿や、毛髪の質を良くしたりする効果などもあります。

コラーゲンは魚や肉などに含まれており、サプリメントなどからも摂取することができます。
しかし、それらを食べているだけでは、本来の力を発揮しません。

コラーゲンが体内で合成されるためには、リシン・プロシンというアミノ酸が必須です。
そのほかにヒドロキシリシンとヒドロキシプロリンというアミノ酸が後で合成され、コラーゲンが合成されるのです。
この際必要なのが、ビタミンCです。
私たちは普段コラーゲンをいかなる形で取り入れるにせよ、同時にビタミンCも取り入れることが大切なのです。

このページの先頭へ