食品

コラーゲンって栄養はあるの?

科学が一昔前と比べて大幅に進歩した現代でも、判明されていない成分の謎は多くあります。
私たちが何気なく普段口にするものでも、研究が進むにつれ健康に凄く良いものであることが判明、またその逆もあり得ます。

体に良いとされてきたコラーゲンも、研究段階の一つです。
コラーゲンとは体内のアミノ酸により合成されるもので、肉や魚に多く含まれています。
主な働きとしては、骨の強度、弾力性を上げて、外からの衝撃を和らげる働きをします。

コラーゲンはいわばタンパク質の一つです。
主に4つのアミノ酸が体内で合成されるものです。
のべたように体の器官にコラーゲンは良い影響を与えますが、美容への影響に関しては分かっていないことが多いのです。

実際、コラーゲンを使った実験により、骨の強度が上がること等は確認されましたが、肌へ直接作用するといった実験結果はありません。
私たちは今までのコラーゲンに対する偏見を少し捨てる必要があるかもしれませんね。

ちなみに冒頭で述べたようにコラーゲンは日々の食生活と足りない分をサプリメントという形で補うことができます。
他のものと組み合わせてバランスの良い食事を心がけ、無理のないコラーゲン生活を送りましょう。

このページの先頭へ