食品

骨粗鬆症とコラーゲン

年齢を重ねてくると、若かったあの頃より歩くのが苦になってしまい、疲れやすくなってしまうことは珍しくありません。
加齢により骨の密度も下がってしまい、折れやすい骨になってしまいます。
骨粗しょう症のリスクもあがります。
骨がもろくなり、弱い衝撃(例えば転んだだけ)でも骨折してしまうことがあるのです。

骨粗しょう症となってしまった場合には、薬の服用と食生活の見直しが必要です。
また、前もって強い骨を育てておくことで、リスクを最小限に抑えることが可能です。
また骨だけではなく、髭が濃くなるのを抑えたり、爪が折れにくくなります。

その選択肢の一つとして挙げられるのが、『コラーゲン』です。
雑誌やテレビなど美容への効果など、メディアで広く知れ渡った名前ですが、コラーゲンには骨を強くする働きがあります。
骨粗しょう症治療との直接的な関連性は現代でも分かっていませんが、骨を丈夫にするために、年配の方だけでなく、若い人であっても、肉や魚、サプリメントなどからコラーゲンを摂取できるよう日々の食生活を見直すことできます。
普段から将来の事を考えて、よりよいものを体に入れられるように工夫しましょう。
継続は力なりといいますが、テレビでよく取り上げられている「元気に歩き、走っている」人は、それなりの工夫をして得た結果なのです。

このページの先頭へ